RoboCup2017 Nagoya Japan

RoboCup2017 Nagoya Japan(ロボカップ2017)

RoboCup2017 Nagoya Japan(ロボカップ2017)

RoboCup2017 Nagoya Japan
RoboCup2017 > リーグ > ロボカップ@ホーム

ロボカップ@ホーム

ロボカップ@ホーム(アットホーム)リーグは、日常生活でのロボットの利用を想定し、リビングルームやキッチンなどの家庭環境において、いかに人間との暮らしに役立つ作業を遂行できるかを競います。ドアを開閉したり、モノをつかんだりといったロボットアームやマニピュレーション技術が重要です。また、人間を追尾したり、ロボットと人が自然にコミュニケーションをとることも重視されています。各種センサーを駆使し、音声対話技術や画像認識技術なども問われます。

ロボカップインダストリアル | RoboCup2017 Nagoya Japan(ロボカップ2017)

電子レンジを操作するロボット

例えば、チームの紹介をロボットが行うことからはじまります。自律型ロボットで競うため、人間によるすべての指示は音声で行われます。チーム紹介を終えると、顔認識によって知っている人には名前を呼んで挨拶を交わし、部屋から送り出す動作を行います。部屋にはソファーやテーブル等の家具が置かれているため、ロボットはそれらを検知し、ぶつからないように移動して誘導する必要があります。 全部で10種目あり、いずれも「ペットボトルをとってきなさい」「カーテンを開けなさい」「ついてきて」などが複合した複雑な課題となっています。

ロボカップインダストリアル | RoboCup2017 Nagoya Japan(ロボカップ2017) ロボカップインダストリアル | RoboCup2017 Nagoya Japan(ロボカップ2017)

自作したロボットで競うカテゴリーは「Open Platform League」(OPL)と呼ばれ、その他にトヨタ自動車製のロボットHSRで競う「Domestic Standard Platform League」(DSPL)や、ソフトバンクロボティクスの「Pepper」で競う「Social Standard Platform League」(SSPL)があります。 いずれも競技の課題は同じなので、モノをつかんだり動かすことに適していないPepperによるSSPLの参加者は苦戦しそうですが、それもみどころのひとつになりそうです。

ロボカップインダストリアル | RoboCup2017 Nagoya Japan(ロボカップ2017) ロボカップインダストリアル | RoboCup2017 Nagoya Japan(ロボカップ2017)

Domestic Standard Platform Leagueで引き出しをあけるトヨタ自動車のロボット「HSR」

オフィシャルリーグウィキ(Official league’s wiki)

・ロボカップ@ホーム  http://wiki.robocup.org/wiki/@Home_League

参考動画(トヨタ自動車)

Tamagawa University Students with Toyota's HSR for RoboCup 2016

LINEで送る
RoboCup Japan

Sponsoring

Global Sponsors

Global Partner

Platinum Sponsors

Gold Sponsors

Silver Sponsors

Bronze Sponsors

Official Logistics Partner

RoboCup.org RoboCup Japan RoboCupJunior Japan

ロボカップの動画はこちらから

SOCIAL LINKS

名古屋の案内はこちらから

City of Nagoya Nagoya Travel Gide NAGOYA-INFO

名古屋市のロボット工作教室情報はこちらから

NAGOYA CITY SCIENCE MUSEUM NAGOYA CITY SCIENCE MUSEUM

お問い合わせ

ロボカップ2017名古屋大会事務局
((株)インターグループ内)
[E-mail] info@robocup2017.org
[TEL] 052-581-3241
〒450-0002
名古屋市中村区名駅2-38-2
オーキッドビル8F

© RoboCup 2017. All rights reserved.